下津理恵さん

理系女子モデルとして活躍中の下津里恵さん(2016/3/28)





下津里恵さん

電気通信大学 情報理工学部 先進理工学科 4年
ミス理系コンテスト2015年度ファイナリスト


メインインタビュー

―下津さんは昨年度のミス理系コンテストのファイナリストということですが,ミスコンに出場したきっかけなどありますか。
−友達がミス理系コンテストのことを知っていたので,「推薦」という形で出場しました。

―ミス理系コンテストへの出場を通して得たものや何か変化のようなものなどありますか。
−色々なことにチャレンジしてみようと思えるようになりました。

―何か普段取り入れている美容法などありますか。
−お風呂で汗をかくようにはしています。あとは,リンパのマッサージなども行っています。

―下津さんには2月に行われたリケチェン!主催の「Rikei Girls Collection」にも出演していただきました。RGCに出演しての感想を教えてください。
−理系にこだわったイベントに参加するのが初めてだったので新鮮に思えました。

―RGCがファッション×科学のイベントだったことに関連して,好きなファッションの系統を教えてください。
−昔は花柄の服を着ていたりしましたが,今ではシンプルな服が好きです。色を挙げるなら白やネイビーがお気に入りです。

―では,リケチェン!らしく大学生活の話も聞いてみたいと思います。下津さんが大学で学んでいることを簡単に教えてください。
−分野としては生命科学を学んでいます。分子レベルで人間の身体の仕組みを学ぶ学問です。

―自分の学科の良いと思うことを教えてください。
−3年生になってから専門のコースに分かれるので,それまで様々な分野に触れられることです。具体的には物理,数学,化学そしてプログラミングなんかも学びました。たくさんの分野の学問を学ぶことで自分の視野を広げられる気がします。

―では,生命科学の分野を選んだきっかけを教えてください。
−もともと医療分野に携わりたいという思いがありました。さらに,現場で働くよりも薬の開発や研究に興味があったので今の分野を選択しました。

―少し原点に戻る話になりますが,理系を目指したきっかけはありますか。やはり医療分野への興味というのが大きいのでしょうか。
−周りに理系出身の人が多かったというのと,数学と理科が元から好きだった,という理由もあります。

―では,下津さんの思う理系の魅力を教えてください。
−視野が広がるのはきっと文系より理系だと思います。また,物事を考えるロジックが身につくのも理系です。そこが理系の魅力だと思います。

―今後の目標や将来の夢などありましたら教えてください。
−医療分野で何かできることがあれば挑戦したいと思っています。あとは大学院受験とかですかね(笑)

―最後にリケチェン!は女子高生の進路相談なども活動の一環として行っています。自分の進路に悩んでいたりする女子高生にメッセージがあれば教えてください。
−自分のやりたいこと,やってみたいことが理系の分野で叶えられるのなら,多少理系科目が苦手でもそちらに行くべきだと思います。楽しそうな方に行く,という思い切りも大切ですよ。


下津さん、ありがとうございました。